アニバタ Vol.6 [特集]最近の京都アニメーション (仮題) 原稿募集

おかげさまで本誌は無事発刊の運びとなりました。詳細は「アニバタ Vol.6 [特集]最近の京都アニメーション」をご覧ください。

アニメ・マンガ評論刊行会(代表:たつざわ)は、2013年11月4日に開催される第十七回文学フリマにおいて「アニバタ Vol.6 [特集]最近の京都アニメーション」(仮題)を発売いたします。『日常』以降の京都アニメーション制作作品(『日常』『氷菓』『中二病でも恋がしたい!』『たまこまーけっと』『Free!』)が対象となっております。

つきましては皆様の原稿を募集いたします。何とぞご寄稿くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。なお、今回は基本的に群馬 仁 (@Gunmajin_puff)が窓口となり編集・発行いたします。

本の概要

原稿募集の概要

  • 締め切り: 通常9月22日 (日曜日)、『Free!』原稿に関しては9月29日 (日曜日)。
    • 作業の進め方(ご希望をお聞かせください)
      • (1.1) 編集者の方で漢字を共同通信社編「記者ハンドブック」に沿って修正(あり[デフォルト]/なし)
      • (1.2) 編集者の方で文章を修正・コメント入れ(あり[デフォルト]/なし)
      • (1.3) 執筆者様の方で文章を修正★基本的に一度限り★(あり[デフォルト]/なし)
        • (1.4) Microsoft Word、LibreOffice WriterまたはOpenOffice.org Writerの校正機能はお使いになれますか?(はい[デフォルト]/いいえ)
        • (1.5) Googleドキュメントはお使いになれますか?(はい[デフォルト]/いいえ)
      • (2) 組版(必須)
      • (3.1) 編集者の方で誤字チェック(必須)
      • (3.2) 執筆者様の方で誤字チェック(必須) (10月3日追記: 確認を含む)
      • (4) 誤字脱字の修正を行い校了(必須) (10月3日追記: 土壇場では明らかなミスの場合、執筆者様の確認なしで修正することがあります)
  • 送り先: 群馬 仁 (@Gunmajin_puff gunmajin_puff@yahoo.co.jp)
    • 件名にTwitterIDを添えていただけるとメール検索の役に立ち大変助かります。
  • 文字数: 3600字以上(自己紹介を含む)、12000字以内。記事が2本以上になっても構いません。
  • 形式: Microsoft Word 2007で開けるdocまたはdocx
  • 内容: 『日常』以降の作品に関係する評論(『日常』『氷菓』『中二病でも恋がしたい!』『たまこまーけっと』『Free!』)。
  • 自己紹介: 原稿下部に掲載するための70~700字ほどの自己紹介文をご用意ください。また以下にご記入ください。好きな作品、キャラクターは映画、アニメ、ドラマ、マンガ、ラノベ、小説などメディアを問いません。
    • 好きな作品3つ:『作品名』、『作品名』、『作品名』。
    • 好きなキャラクター3人:キャラ名(作品名)、キャラ名(作品名)、キャラ名(作品名)。
    • 最近の京都アニメーションで一番好きな作品:『作品名』。
    • 最近の京都アニメーションで一番好きなキャラクター:キャラ名(作品名)。
  • その他:
    • 読みやすいよう適宜見出しをつけてください。
    • 「だ・である調」と「です・ます調」は混在させずどちらかに統一してください。ただし謝辞を「です・ます調」にするなど理由がある場合は使い分けても構いません。
    • 基本的に表記は「記者ハンドブック」に沿います。そのため基本的に常用漢字の範囲内とします(作品名、キャラ名など固有名詞をのぞく)。常用外には、漢字自体が常用外のほかに漢字は常用内でも読ませ方が常用外の場合があります。
    • 作品名は『Free!』と二重かぎかっこで囲ってください。
    • 話数は「第3話」というように「第」を付し番号はアラビア数字としてください(一重かぎかっこは不要です)。
    • 会話や引用等で一重かぎかっこ「」を使用する際は、その中では一重かぎかっこは使わず、二重かぎかっこ『』をお使いください。
  • 原稿料: 基本的にないものとお考えください。
    • コスト削減のため一括・大量に印刷しますのでなるべく完璧な原稿をお願いします。
  • 掲載誌: イベント頒布時渡しまたはメール便配送。
    • イベントにお見えになる際は事前にご連絡ください。またメール便希望の場合についてもご連絡いただけると助かります。